車を愛する男のためのガレージハウス専門メディア【HOPE】 » ガレージハウスを建てる前に知っておきたい専門知識

ガレージハウスを建てる前に
知っておきたい専門知識

ガレージハウスを建てるメリット

大切な愛車を雨や風、紫外線などから守れるほか、セキュリティ面や利便性といった点でもメリットの多いガレージハウス。

実は、固定資産税の節約につながることもあるのです。さまざまな面からそのメリットを解説しています。

ガレージハウスを建てるデメリット

ガレージハウスの代表的なデメリットは、ガレージのスペースを確保する分、居住スペースが削られてしまうことです。

また、居住スペースとは別途、ガレージ用の照明・換気などの設備が必要になるため、一般的な戸建てよりも費用が高くなる傾向にあります。

事前に押さえておくべきデメリットと対処法をまとめているので、参考にしてみてください。

ガレージハウスの
賃貸と新築の違いは?

ガレージハウスに住むには、「建てる」という選択肢の他に「借りる」という手段もあります。

新築ならではのメリットは自分のこだわりを惜しみなく詰め込めるところ。賃貸ならではのメリットはコミュニティを形成しやすいところです。

そのほか、新築ガレージハウスと賃貸ガレージハウスにおけるメリット・デメリットをそれぞれ取り上げて比較しています。

ガレージハウスの
中古と新築の違いは?

数は限られますが「中古のガレージハウスを購入する」という選択肢もあります。

新築ならではのメリットは自分のこだわりを惜しみなく詰め込めるところ。中古ならではのメリットはコストを抑えられる可能性があるところです。

そのほか、新築ガレージハウスと中古ガレージハウスにおけるメリット・デメリットをそれぞれ取り上げて比較しています。

ガレージハウスの
リノベーションと新築の違いは?

既にマイホームをお持ちなら、リノベーションしてガレージハウスに生まれ変わるという手段もあります。

新築ならではのメリットは愛車に合ったサイズのガレージや間取りをいちから設計できるところ。リノベーションならではのメリットはいちから家を建てるよりもコストを抑えられるところです。

そのほか、新築ガレージハウスとリノベーションガレージハウスにおけるメリット・デメリットをそれぞれ取り上げて比較しています。

ガレージ部分をDIY・自作するのは
違法なの?

「自分らしいガレージにしたい」「予算をできるだけ抑えたい」と思いから、ガレージのDIYに興味を持たれる方も多いでしょう。

DIYそのものが違法というわけではありませんが、建築に関する許可申請が必要となるケースもあるので注意が必要です。DIYの内容にもよりますが、リスクが高く、プロに任せたほうが良い作業もあります。

ここでは、ガレージ部分をDIY・自作する場合の注意点をまとめていますので、気になる方は参考にしてみてください。

ガレージハウスの
予算・費用目安はどれくらい?

ガレージハウスの建築費用は、建築面積や間取り、使用する建材、ガレージハウスを建てるエリアなど、様々な条件によって大きく変動します。

SUUMOに掲載されていたガレージハウスの建築実例の本体価格を確認したところ、1,500万円以下の建築実例は9件、1,500万円~2,000万円の建築実例は59件、2000~3000万円の建築実例は22件、3000万円以上の建築実例は17件でした(※2022年9月26日時点)。ガレージハウスの建築費用の目安を知りたい方は、最も建築実例の多かった価格帯1,500~2,000万円を参考にすると良いでしょう。

ガレージハウスの照明は
先付と後付のどちらがいいの?

照明はガレージハウスの印象や過ごしやすさを左右する大切な設備のひとつです。

「費用をできる限り抑えるために、照明やインテリアは竣工後に自分で取り付けたい」という方も多いでしょう。

照明を後付することは可能ですが、竣工後だと配線工事が必要になるケースもあるので注意が必要。

照明は先付と後付のどちらが良いか、メリットとデメリットを踏まえて解説しているほか、照明選びの参考になるガレージハウスの事例も紹介しているので参考にしてみてください。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!