車を愛する男のためのガレージハウス専門メディア【HOPE】 » ガレージハウスの内装・外観デザイン事例集

ガレージハウスの
内装・外観デザイン事例集

このページでは理想のデザインやこだわり別にガレージハウスの内装・外観事例を掲載しています。

隠れ家・アジト風ガレージハウスの
内装・外観

アジト風ガレージハウス_01画像引用元:アメカジ工務店(https://www.amecaji-koumuten.jp/gallery/vintage/entry-1916.html)
アジト風ガレージハウス_02画像引用元:EIDAI(http://www.eidai.co.jp/contents/code/detail/3776179)
アジト風ガレージハウス_サムネイル01
アジト風ガレージハウス_サムネイル02

好きな時に愛車やバイクの手入れができるガレージは、セカンドリビングになる空間。

趣味に没頭できる隠れ家・アジト風のガレージハウスをつくるなら、シャッターを取り付けるのがおすすめ。スタイリッシュでおしゃれな家の外観に合わせたガレージのシャッターを開けると、愛車やバイクや好きなモノが置かれた特別な空間が出現します。

隠れ家・アジト風のガレージハウスの建築事例を紹介しているので、間取りやデザインの参考にしてみてください。

「いいね」が多いおしゃれな
ガレージハウスの内装・外観

おしゃれなガレージハウスを建てたい人はInstagramの「#ガレージハウス」から人気投稿をチェックするのがおすすめ。

多くの人の関心を集める、おしゃれなガレージハウスを参考にできます。

「いいね」が集まるガレージハウスは、アメリカンまたは北欧風の個性的なデザインが多い傾向。真似したくなる事例ばかりなので必見です。

平屋ガレージハウスの内装・外観

平屋ガレージハウス_01画像引用元:デザインハウス(https://izumo-designhouse.com/house037/index.html)
平屋ガレージハウス_02画像引用元:ファイブホーム(https://fivehome.jp/gallery/gallery-15790)
平屋ガレージハウスス_サムネイル01
平屋ガレージハウス_サムネイル02

部屋や庭と繋がった使い方がしやすい平屋。

ガレージを中心とした間取りを作りやすい平屋。どの部屋からもガレージにアクセスしやすい便利な動線のガレージハウスを建てられます。

ただし、都心で平屋タイプのガレージハウスを設計する際は建築面積が限られるため、窮屈に感じやすい傾向も。どれだけ間取りを工夫できるかがポイントになります。

平屋ガレージハウスの内装事例をチェックして、過ごしやすい間取りを参考にしていきましょう。

二階建てガレージハウスの内装・外観

二階建てガレージハウス_01画像引用元:URABAN HOME(https://urbanhome-tt.com/works/detail.html?id=18433&HASH=)
二階建てガレージハウス_02画像引用元:wonder HAUS(https://www.wonderhaus.jp/case_newly/slug-50acab4917c947632e4483a9bb6c3030)
二階建てガレージハウス_サムネイル01
二階建てガレージハウス_サムネイル02

二階建てのガレージハウスは、一階部分をガレージにするビルトインガレージタイプが基本。

一階の間取りにガレージを取り込み、2階部分にリビングを配置することで、狭小地でも広めのスペースを確保できます。

また、間取りの工夫次第では階段からガレージ部分を眺められるように設計することも可能です。

アーチビルディングの内装・外観

アーチビルディング_ガレージハウス_01画像引用元:CARS MEET WEB(https://carsmeet.jp/2022/09/09/249110/gallery/2/)
アーチビルディング_ガレージハウス_02画像引用元:バイクブロス(https://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sphoto/spt-20200625/)
アーチビルディング_ガレージハウス_サムネイル01
アーチビルディング_ガレージハウス_サムネイル02

アーチ型の構造板を使用してアメリカンなガレージハウスを実現できるアーチビルディング。

柱や壁がないので空間を広く使えるのが特徴です。個性的かつ建築資材をむき出しにしてもおしゃれに見えるのが魅力。

アーチ形の天井を楽しむのもよし、ロフトを作るのも良しと楽しみ方は無限です。

海外発祥の建築方法のため、日本ではまだ建築実例が少ないですが、選択肢のひとつとして知っておくと良いでしょう。

アメリカンガレージハウスの
内装・外観

アメリカンガレージハウス_01画像引用元:チェックハウスプラス(https://checkhouseplus-joetsu.com/case/10777/)
アメリカンガレージハウス_02画像引用元:ザウス株式会社(https://www.garagehouse-co.com/works/538/)
アメリカンガレージハウス_サムネイル01
アメリカンガレージハウス_サムネイル02

アメリカンガレージハウスは、細長い板を横梁にした外観とカバードポーチが特徴の「アーリーアメリカンスタイル」、青空と海をイメージした青・白系の「カリフォルニアスタイル」に大きく分けられます。

内装を考える際は高い天井や大胆な間取りを採用したり、照明にこだわったりすることでアメリカン要素を強められるでしょう。

ここではアメリカンスタイルのガレージハウス建築事例を取り上げています。

木造ガレージハウスの内装・外観

木造ガレージハウス_01>画像引用元:ヘッジハウス(https://www.d-fact.co.jp/sp/case/detail0020.html)
木造ガレージハウス_02画像引用元:icocochi(https://www.icocochi-house.com/blog/強くてかっこいい-ガレージハウスで暮らしません/)
木造ガレージハウス_サムネイル01
木造ガレージハウス_サムネイル02

木造のガレージハウスは、木材の美しさそのものを活かす方法、構法による組み方で個性を出す方法などがあり、可能性は無限大。

室内と同じ板張りの内装にしたり、梁などを見せるデザインなど、木材そのものの美しさがデザイン要素になります。

木材の使い方次第でガレージ内の雰囲気をがらりと変化させることが可能。

居住スペースで木材をふんだんに使い、ガレージは鉄骨・鋼板などを使用してギャップを楽しむのも良いでしょう。

RCガレージハウスの内装・外観

RCガレージハウス_01画像引用元:株式会社大成住建(https://www.taisei-juuken.co.jp/example/example1/215.html)
RCガレージハウス_02画像引用元:ケント・ハウス(https://www.kent-inc.co.jp/blog/コーディネート/24340)
RCガレージハウス_サムネイル01
RCガレージハウス_サムネイル02

RC造のガレージハウスは、耐久性・耐震性が高く、大空間を作りやすいのが特徴。

コンクリート打ち放しを活かし、異素材やカラーでアクセントをつけたり、照明計画でショールームのように仕上げたりできます。

コンクリートは照明による演出がしやすいので、配置計画次第ではショールームのようなステキな演出が可能です。

シャッター付きガレージハウスの
内装・外観

シャッター付きガレージハウス_01画像引用元:アーネストアーキテクツ(https://earnest-arch.jp/room/garage/g_010/)
シャッター付きガレージハウス_02画像引用元:ホームスタイリング(https://www.home-styling.co.jp/gallery/リゾートモダン the-garage-house/)
シャッター付きガレージハウス_サムネイル01
シャッター付きガレージハウス_サムネイル02

シャッター付きのガレージハウスなら、外部からの視線が気にならないので、愛車と過ごす時間を楽しめるプライベート空間を可能にしてくれます。

ガレージ内にソファや収納棚を置いたり、室内と繋がるドアを設置したり、枠にはまらない自由な使い方ができます。

シャッターはデザインだけでなく、電動や静音対応なども鑑みて選ぶのが大事。また、シャッターを閉めると排気ガスや臭いがガレージ内にこもるので、空調設備や換気対策も必須です。

建築費用1,500万円の
ガレージハウスの内装・外観

建築費用1,500万円のガレージハウス_01画像引用元:BLISS(https://bliss-d.com/works/narrow/808/)
建築費用1,500万円のガレージハウス_02画像引用元:大原建設(https://oharakensetu.co.jp/works/modern-built-in-garage-house/)
建築費用1,500万円のガレージハウス_サムネイル01
建築費用1,500万円のガレージハウス_サムネイル02

建築面積や使用する素材、間取りや建築エリアなどにもよりますが、建築費用1,500万円でガレージハウスを建てる場合、ある程度の制限が生まれます。

建築面積が限られるケースが多いため、狭さを感じさせないデザイン・間取りの設計を得意とする業者に依頼するのがおすすめ。

ここでは1,500万円台の建築費用で、広々とした居住空間を保ちながら十分な広さのあるガレージハウスの実例を紹介しています。

建築費用2,000万円の
ガレージハウスの内装・外観

建築費用2,000万円のガレージハウス_01画像引用元:レオハウス(https://www.leohouse.jp/illustration/vol19/)
建築費用2,000万円のガレージハウス_02画像引用元:ライフスケッチ(https://lifesketch.co.jp/architect/case003/)
建築費用2,000万円のガレージハウス_サムネイル01
建築費用2,000万円のガレージハウス_サムネイル02

建築費用2,000万円あれば、特殊な素材・間取りを希望しない限りは、家族世帯でも十分なスペースを確保できるガレージハウスを建てられます。

建築費用1,500万円と比べて、取り入れられるデザインの範囲も広がるため、より理想のガレージハウスに近づけられるでしょう。

機能性だけでなく、こだわりを詰め込んで、愛車と過ごす時間を楽しめる空間を実現した2,000万円台のガレージハウス建築事例を紹介しています。

建築費用3,000万円の
ガレージハウスの内装・外観

建築費用3,000万円のガレージハウス_01画像引用元:長崎材木店一級建築士事務所(https://www.nagasakizaimokuten.co.jp/gallery/遊びながら暮らす自然に囲まれたガレージハウス/)
建築費用3,000万円のガレージハウス_02画像引用元:長崎材木店一級建築士事務所(https://www.nagasakizaimokuten.co.jp/gallery/遊びながら暮らす自然に囲まれたガレージハウス/)
建築費用3,000万円のガレージハウス_サムネイル01
建築費用3,000万円のガレージハウス_サムネイル02

建築費用3,000万円台になると選択肢の幅が広がり、間取りも自由に設計しやすくなります。

こだわりの詰まった理想のガレージハウスを形にしたい方は、予算3,000万円程度を想定しておくのがおすすめです。

建築費用3,000万円台のガレージハウスでは、ガレージ内だけでなく、家族とのプライベート空間やセキュリティ性にも注力した建築事例が多い傾向にあります。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!