ガレージハウスを建てるデメリット

マイホームを建てるうえで、ガレージハウスを選択するデメリットを分かりやすく解説しています。

ガレージに注力するほど居住スペースが削られる

ガレージハウスとは、駐車スペースが組み込まれた家のことです。ガレージ部分を広くすればするほど、当然居住スペースは削られてしまいます

快適な生活空間と愛車いじり空間の両方を叶えるには、居住スペースとガレージ部分のバランス、間取りなどを工夫することが大切です。

例えば、狭小地に建てる場合は一階部分をガレージにして、二階に居住スペースを設けることで、どちらも限られたスペースを活かした過ごしやすい空間に仕上げることができます。

住宅の耐震性や耐久性を高める工夫が必要

大きなガレージスペースを作る場合、柱ではなく壁で支える構造にする必要があります。

また、車の出入りを想定して大きな間口を設ける必要があり、壁面に大きな負荷がかかるため、耐震性・耐久性を高める工夫が必要です。

使用する建材や建築工法によって耐震性・耐久性を高めることはできますが、そのぶん一般的な戸建て住宅よりも高くなる傾向があります。

愛車の台数が増えた時に拡張しづらい

居住スペースと一体化したビルトインガレージを建てる場合、竣工後にガレージを拡張することは難しく、リフォームするには建物全体の構造を考える必要があります

そのため、現在所有している愛車だけを中心として、ガレージハウスの間取り・設計を考えるのは危険です。

将来的に愛車の台数を増やす予定はないか等、将来を見据えて計画することが大切です。

換気・排気・給気設備が欠かせない

ガレージハウスの魅力は、外部からの視線を気にせず、愛車いじりに没頭できる自分だけの空間を得られることです。

居住スペースでくつろぐ時間とはまた異なる、癒しのスペースになるでしょう。

ただし、ガレージ内は排気ガスや臭いがこもりやすいため、居住スペースとは別途、給気・排気・換気設備を整える必要があります。

安さだけで設備を選ぶとすぐに壊れてしまったり、反対にこだわりすぎて予算をオーバーしてしまったりするため、何よりバランスが大事です。

こだわりと予算を天秤にかけて、依頼する業者や間取り、導入する設備などを慎重に検討することで、理想のガレージハウスに近づけます。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!