ガレージハウスのリノベーションと新築の違いは?

ガレージハウスにおける
新築のメリット

アメリカンガレージハウス_01画像引用元:森のめぐみ工房
(https://morimegu.co.jp/works/1510/)
アメリカンガレージハウス_02画像引用元:森のめぐみ工房
(https://morimegu.co.jp/works/1510/)
アメリカンガレージハウス_03画像引用元:森のめぐみ工房
(https://morimegu.co.jp/works/1510/)
アメリカンガレージハウス_サムネイル01
アメリカンガレージハウス_サムネイル02
アメリカンガレージハウス_サムネイル03

新築ならイチから間取りを設計できるため、愛車の台数やサイズに合わせたこだわりのガレージハウスを建てられます。

また、ガレージから室内への人の移動など、ライフスタイルをイメージした生活動線に合わせて設計することが可能。「思っていたのと違う」というギャップがない、後悔しないマイホームを実現できるでしょう。スムーズな使い勝手でストレスフリーな暮らしを実現できます。

こだわりを実現しやすい点と言う意味では、自由設計の新築ガレージハウスがおすすめです。

ガレージハウスにおける
リノベーションのメリット

img01引用元:株式会社エイトコラムス 一級建築士事務所公式HP
https://8architect.amebaownd.com/posts/1996543/
img02引用元:株式会社エイトコラムス 一級建築士事務所公式HP
https://8architect.amebaownd.com/posts/1996543/
img03引用元:株式会社エイトコラムス 一級建築士事務所公式HP
https://8architect.amebaownd.com/posts/1996543/
img01
img02
img03

現在住んでいる戸建て住宅をリノベーションしてガレージハウスにする場合、部分的な工事で済み、新築よりも工事期間・費用を抑えられるケースがあります。

例えば、使用していない一階の部屋を減築・解体してビルトインガレージにする場合、工事費用の目安は200万円前後。庭をつぶしてガレージを増築する場合、構造にもよりますが150万円から300万円程度が工事費用の目安となります。

ガレージハウスにおける
新築のデメリット

新築でガレージハウスを建てる場合、あれもこれもと夢が膨らみがち。特に自由設計による家づくりでは、要望を詰め込み過ぎて予算オーバーになるケースも珍しくありません。

また、ガレージは排気ガスや臭いがこもりやすいため、換気・排気・給気設備が欠かせません。車をいじる場合は、空調設備や照明も必須となります。愛車と過ごす空間にこだわればこだわるほど、必然的に費用も上がることを覚悟しておきましょう。

ガレージハウスにおける
リノベーションのデメリット

リノベーションの場合、イチから設計する新築と違って工事を行う上での制限が多いのがデメリット。ガレージを増築する場合、道路からの乗り入れが可能か、駐車スペースが3m×6m以上あるか、建築基準関連規定に沿った建ぺい率かなどを確認する必要があります。条件に合わない場合は建築許可自体が下りないケースもあるので注意が必要です。

また、躯体を残してリノベーションを行う場合(スケルトンリフォーム)は、設備や内装などをすべて取っ払ってから新たに作り変えるため、部分的なリノベーションよりも自由度が高まりますが、その分解体・工事費用も高まります。

こだわりを詰め込むなら
新築ガレージハウスがおすすめ

ガレージハウスを建てる場合、新築とリノベーションのいずれにもメリットデメリットがあります。細部までこだわったガレージハウスを建てるなら新築注文住宅が向いていますが、コストを重視するならリノベーションがおすすめです。

ただ、リノベーションは坪単価で測れないため、事前に工事内容や間取り、どうしてもゆずれない点などを、業者としっかりとすり合わせてから見積もりを出してもらうのがポイント。必ずしも新築より費用を抑えられるとは限りませんので、事前に綿密な確認・打ち合わせを行うことが大切です。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!