60坪のガレージハウスの間取り

ここでは、延床面積60坪台(60坪~69坪)のガレージハウスの事例、土地面積60坪台(60坪~69坪)のガレージハウスの事例をそれぞれ取り上げ、おすすめの間取りを紹介しています。

延床面積60坪台で建てられるガレージハウスの間取り

60坪・5LDKのガレージハウス

60坪_ガレージハウス画像引用元:アサヒグローバルホーム
(https://asahigloval.co.jp/idea/post_509/)
60坪_ガレージハウス画像引用元:アサヒグローバルホーム
(https://asahigloval.co.jp/idea/post_509/)
60坪_ガレージハウス画像引用元:アサヒグローバルホーム
(https://asahigloval.co.jp/idea/post_509/)
60坪_ガレージハウス_サムネイル
60坪_ガレージハウス_サムネイル
60坪_ガレージハウス_サムネイル
ガレージハウスへのコメント

99.9坪の広大な土地に建てられた、延床面積60.5坪のビルドインガレージハウス。間取りは5LDKとなっており、ガレージには2台の車を収容できます。

ガレージから土間へ直接アクセスできるため、天候が悪い日の外出や重い荷物を車から降ろすときに便利。

また、一階には家族用のウォークインクローゼットがあるため、衣類の収納に困りません。

リビングから愛車を眺められる60坪のガレージハウス

60坪のガレージハウス画像引用元:ザウス
(https://www.zaus-co.com/case/garage/ga023.html)
60坪のガレージハウス画像引用元:ザウス
(https://www.zaus-co.com/case/garage/ga023.html)
60坪のガレージハウス画像引用元:ザウス
(https://www.zaus-co.com/case/garage/ga023.html)
60坪のガレージハウス_サムネイル
60坪のガレージハウス_サムネイル
60坪のガレージハウス_サムネイル
ガレージハウスへのコメント

延床面積60.3坪、木造・二階建てのガレージハウスです。リビングに隣接するガレージはディスプレイ向け。大きなガラス窓が取り付けられ、ショールームのように愛車を眺められる間取りとなっています。

また、別の場所には隠れ家のような遊び心があるコンクリート打ち放しのガレージも。工具専用棚、趣味仲間と談笑するスペースなど、車いじりを楽しむための空間に仕上げられています。

広々としたリビングの横にはインナーバルコニーがあり、太陽の光が差し込むのもポイント。心安らぐ温かな空間を実現しています。

60坪台の土地に建てられるガレージハウスの間取り

68坪の土地に建てられた二階建てガレージハウス

60坪のガレージハウス画像引用元:ザウス
(https://www.zaus-co.com/case/garage/ga026.html)
60坪のガレージハウス画像引用元:ザウス
(https://www.zaus-co.com/case/garage/ga026.html)
60坪のガレージハウス画像引用元:ザウス
(https://www.zaus-co.com/case/garage/ga026.html)
60坪のガレージハウス_サムネイル
60坪のガレージハウス_サムネイル
60坪のガレージハウス_サムネイル
ガレージハウスへのコメント

68.9坪の土地に建てられた木造・2階建てのガレージハウス。延床面積は41.5坪、ガレージスペースは10.6坪となっており、車2台がゆったりと収まる広さです。

無機質でアーティスティックな外観に対して、内装は木材や畳などの自然素材が贅沢に使われた癒しの空間というギャップが魅力的。屋外の緑が自然と視界に入る設計の窓も特徴的で、思わず深呼吸したくなります。

60坪のガレージハウスの総括

延床面積60坪もあれば、車・バイクのいずれにおいても2台以上収容できる大容量のガレージハウスを実現できるでしょう。延床面積のうち5分の1以下をガレージの敷地に充てると、そのスペースは固定資産税の課税対象から除外されるため、覚えておくのがおすすめです。

敷地面積60坪の土地にガレージハウスを建てる際も、ガレージと住居スペースの両方をゆったりとした空間にできます。間取りの自由度が高くなるぶん、窓の位置や内装デザインなどで個性を出しやすくなるでしょう。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!