ガレージハウスを建てるメリット

マイホームを建てるうえで、ガレージハウスを選択するメリットを分かりやすく解説しています。

天候や自然災害から愛車を守れる

ガレージハウスは雨風から愛車を守り、塗装の劣化を防げる画期的な住宅です。

ほかにも、紫外線や花粉、鳥の糞、海風など、塗装の劣化、色あせ、傷などの原因から愛車を守ります

塗装が薄くなり、むき出しになったボディーは傷つきやすく、そこからサビが発生すると車は急速に劣化してしまうので注意が必要です。

ガレージハウスなら屋根や扉が雨風や紫外線を遮ってくれるので、愛車を常によい状態で長持ちさせることができます。

盗難やいたずらから愛車を守れる

誰もが羨むような高級車、希少性の高いレア車、パーツを取り寄せてカスタムした車など、お金をかけて大切にしている車・バイクほど、盗難の対象として狙われやすくなります。

ガレージハウスは、シャッターやセンサー付きの照明を取り付けられ、盗難やいたずらから大切な愛車を守れるのが魅力。

ガレージがない戸建ての場合、家の照明がつく時間帯、消える時間帯、玄関から人が出入りする時間帯などを観察して、車・バイクを盗難するのは容易です。

ガレージハウス内に格納すれば、第三者が屋内に侵入しない限り、愛車が盗難・いたずらされることはなくなるため、リスクを回避に繋がります。

愛車いじりに没頭できる

ガレージハウスのガレージ部分は愛車専用のスペースです。近所や通行人の目を気にせず、天候や気温に左右されることもありません。

空気圧の確認、オイルやブレーキパッドの交換など、時を忘れて愛車の手入れやカスタマイズに没頭できる魅力があります。

整備に必要な工具やケミカルを自分が使いやすい場所に配置すれば、車いじりが捗るでしょう。

居住スペースとガレージ間の
移動・荷下ろしが便利

ガレージハウスなら、ガレージ部分から居住スペースにそのままアクセスできる間取りを実現できます。

そのため、雨の日に車へ乗り込む際や荷物を車から降ろして家の中へ運ぶ際にとても便利。

ガレージがない戸建ての場合、雨が吹き込んで車内が濡れたり、駐車場から玄関までの短距離でも濡れてしまったりするケースがあります。

ガレージハウスの場合は雨の日でも濡れることがありません。傘が不要で両手が使えるため、子どもや年配の方、お体の不自由な人でも慌てずゆっくり乗り降りできます。

家の固定資産税が安くなるケースも

実はガレージハウスを建てると節税になるケースがあります。延べ床面積のうち5分の1以下をガレージの敷地に充てた場合、そのスペース分が固定資産税の課税対象から除外される仕組みです。

都心部における駐車場は高額で、立地の良い場所や自宅の近くは既に満車というケースも珍しくありません。

このような立地状況のエリアでは、「駐車場付きの戸建てよりもガレージハウスを建てるほうが支出を抑えられる」と言えます。

ガレージハウスはガレージを設置する分、費用は一般的な戸建てよりも高くなる傾向にありますが、周辺環境や間取り、ガレージ部分の面積によってはコストを抑えられることを知っておきましょう。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!