ガレージハウスの中古と新築の違いは?

新築ガレージハウスのメリット

シャッター付きガレージハウス_01画像引用元:BAUHOUSE
(https://bauhouse.co.jp/magazine/blog/detail.php?id=128)
シャッター付きガレージハウス_02画像引用元:BAUHOUSE
(https://bauhouse.co.jp/magazine/blog/detail.php?id=128)
シャッター付きガレージハウス_03画像引用元:BAUHOUSE
(https://bauhouse.co.jp/magazine/blog/detail.php?id=128)
シャッター付きガレージハウス_サムネイル01
シャッター付きガレージハウス_サムネイル02
シャッター付きガレージハウス_サムネイル03

新築ガレージハウスは、愛車の台数やサイズ、生活スタイルに合わせてイチから間取りを設計できるのが魅力。

ガレージからリビングを行き来できるようにしたい、二階からガレージ内部を眺められるようにしたい等の理想を形にできます。また、電気配線や水道などの設備も鑑みたうえでガレージ部分を設計できるため、洗車やメンテナンスのしやすい環境を整えられるでしょう。

中古ガレージハウスのメリット

img01画像引用元:東京ガレージ
(https://tokyo-garage.jp/purchase/totsuka/)
img02画像引用元:東京ガレージ
(https://tokyo-garage.jp/purchase/totsuka/)
img03画像引用元:東京ガレージ
(https://tokyo-garage.jp/purchase/totsuka/)
img01
img02
img03

中古ガレージハウスは、将来的な資産価値が下がりにくいメリットがあります。

中古ガレージハウスの金額は、基本的に「土地代」と「建物代」がセット。内訳に占める土地代の割合が高い中古ガレージハウスを購入すれば、築年数とともに建物の資産価値が下がっても価値の目減りが少なくなるのです。

新築ガレージハウスのデメリット

新築ガレージハウスは自由度が高い魅力を持っているからこそ、要望を詰め込み過ぎて予算オーバーになりやすい傾向にあります。設備や素材、デザインにこだわればこだわるほど、費用は高額になるため、予算とこだわりのバランスを見ながら導入する設備を決めていくことが大切です。

また、ガレージは排気ガスや臭いがこもりやすいため、換気・排気・給気設備が欠かせません。車をいじる場合は、空調設備や照明も必須となります。愛車と過ごす空間にこだわればこだわるほど、必然的に費用も上がることを覚悟しておきましょう。

中古ガレージハウスのデメリット

中古ガレージハウスのデザインや構造を気に入ってそのまま使用できるなら問題ありませんが、愛車の台数・サイズ・生活スタイルに合わせてリフォーム・リノベーションが必要になるケースが多いでしょう。その場合、土地や構造によって対応できる部分が限られるため、こだわりを諦めなくてはならないケースがあります。

また、低価格で中古ガレージハウスを購入しても、リフォーム・リノベーションの際に解体工事費用がかかったり、構造から立て直す大掛かりな作業が必要になったりする場合があるので注意が必要です。

こだわりを詰め込むなら
新築ガレージハウスがおすすめ

ガレージハウスを建てる場合、新築と中古のいずれにもメリットデメリットがあります。

細部までこだわったガレージハウスを建てるなら新築がおすすめ、資産にする目的でガレージハウスを購入したいなら中古がおすすめです。

DIYが得意な方は中古ガレージハウスを購入して、内装のデザインや照明などに手を加えて自分らしくカスタマイズするのも良いでしょう。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!