ガレージハウスの賃貸と新築の違いは?

新築ガレージハウスのメリット

建築費用2,000万円のガレージハウス_07画像引用元:レオハウス
(https://www.leohouse.jp/illustration/vol19/)
建築費用2,000万円のガレージハウス_08画像引用元:レオハウス
(https://www.leohouse.jp/illustration/vol19/)
建築費用2,000万円のガレージハウス_09画像引用元:レオハウス
(https://www.leohouse.jp/illustration/vol19/)
建築費用2,000万円のガレージハウス_サムネイル01
建築費用2,000万円のガレージハウス_サムネイル02
建築費用2,000万円のガレージハウス_サムネイル03

新築ガレージハウスは、愛車の台数やサイズに合わせてこだわりのガレージハウスを建てられるのが魅力。車・バイクが好きな人ほど心惹かれるロマンがあります。共に暮らす家族と将来について話し合ったり、ライフスタイルについて考えたりしながら、生活動線をいちから設計することができ、住まう人のこだわりを実現しやすいのも大きなメリットです。

賃貸ガレージハウスのメリット

img01引用元:ブランチアベニュー公式HP
https://branch-avenue.com/garage/113250/
img02引用元:ブランチアベニュー公式HP
https://branch-avenue.com/garage/113250/
img03引用元:ブランチアベニュー公式HP
https://branch-avenue.com/garage/113250/
img01
img02
img03

賃貸ガレージハウスのメリットは、まとまった大きな金額を用意することなくガレージに住めること。

また、賃貸のガレージハウスは、アパートタイプの物件が多いのもポイント。車やバイク、アウトドアなどをこよなく愛する人たちが物件に集まるため、同じアパートに暮らす人たちと趣味の人脈を広げやすいでしょう。

新築ガレージハウスのデメリット

新築ガレージは自分らしく自由度の高い設計ができる反面、こだわりを詰め込んで予算オーバーになりやすい傾向にあります。こだわりと予算の兼ね合いになるため、慎重に設備・設計を決めていく必要があるでしょう。

また、ガレージは排気ガスや臭いがこもりやすいため、換気・排気・給気設備が欠かせません。車をいじる場合は、空調設備や照明も必須となります。

賃貸ガレージハウスのデメリット

賃貸ガレージハウスは、予め作られた物件の中から選ぶ必要があり、愛車に合った大きさ、自分ならではの使い方やデザインを実現することは難しいのが難点。

アパート型の賃貸ガレージハウスは、コミュニティを築きやすい一方、トラブルに発展しやすいデメリットも持ち合わせています。隔てるものが壁一枚しかないため、騒音トラブルに発展しないよう、車いじりやメンテナンスの時間に配慮する必要があります。

また、初期費用は新築よりもぐっと抑えられるものの、毎月「家賃」というランニングコストが発生します。

こだわりを詰め込むなら
新築ガレージハウスがおすすめ

ガレージハウスを建てる場合、新築と賃貸のいずれにもメリットデメリットがあります。

細部までこだわったガレージハウスを建てるなら新築がおすすめ、お試し感覚でガレージハウスに住んでみたい方には賃貸がおすすめです。

賃貸物件はあくまでも借り物であり、自分の城にはなりません。家で過ごす時間を大切にしたい、自分だけの城を築きたいという方には新築が向いています。家で過ごす時間が短く、暮らしよりもコミュニティや趣味を充実させたいという方は賃貸が向いているでしょう。

イメージ
PICK UP
貴社のお悩み解決します!
イメージ
集客したい・もっと認知して欲しい

時はwithコロナ時代。新たな集客施策として、Webマーケティングに力を入れはじめる企業が多くなりました。ぜひこのサイトを活用して自社集客へのキッカケを掴んでみませんか!